第一印象は白い歯で決まる!歯を白くする方法は?
Home » 歯を白くする方法は? » 歯が黄ばんでしまう原因
歯を白くする方法は? | 09月08日更新

歯が黄ばんでしまう原因

普段から、生活をする上で鏡を見ることは多いと思います。
しかし、わざわざ口を開けて、歯をチェックすることは少ないでしょう。
そのため、たまたま鏡で歯をチェックした時に「いつの間に、こんなに黄ばみが出来たの?」とショックを受けている人もいるのではないでしょうか。
普段から、歯磨きなどはしっかりと行っているのに、「どうして、黄ばみが出来るの?」と不思議に思っている人もいるでしょう。

そもそも、歯の黄ばみはどうして出来てしまうのかというと、様々な原因が考えられます。
まずは、食べ物や飲み物によるもの。
食べ物では、カレーやイチゴ、しょうゆ、ケチャップ、チョコレートなどは黄ばみの原因となってしまいます。
また、飲み物は赤ワインやコーヒー、ウーロン茶、緑茶、紅茶などが原因となります。

そして、タバコも大きな原因の一つ。
タバコの場合には、黄ばみだけではなく、茶色や黒ずみなどを起こしてしまうことがあります。
タバコのヤニが原因となりますが、長年喫煙している人の場合には、このヤニがこびりついてしまっていますから、かなり目立つことになるでしょう。

また、意外な原因としては普段行っている歯磨きの方法が間違っていることが、黄ばみをつくり出してしまっていることもあります。
特に、歯並びが悪い人の場合には、上手に全体を磨くことが出来ていないため、磨き残してしまった一部分だけが、黄ばみとして残ってしまうことになります。
中には「日頃から、歯を白くするために努力をしている」という人もいますが、こういった人の中には、様々なアイテムを取り入れたことでケアに失敗し、逆に黄ばみを起こしてしまっている人もいます。

歯の黄ばみが気になっている人は、改善する前にまず、自分はどの原因が当てはまるのかを考えてみると良いでしょう。
その原因が分かれば、ケア方法もおのずと見えてくるはず。
ケアは、間違った方法を取り入れてしまうと、効果がないだけではなく、逆に状態を悪くさせてしまうこともありますから、十分注意が必要です。